×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


真空管の寿命と交換

購入後1年半で出力真空管の KT-88 が寿命を迎えた。スイッチを入れて数分で「ブツッ」という大きな音が出て、片方だけ音が出なくなる。真空管を左右入れ替えると反対側の音が出なくなるので明らかに真空管の故障。

色々な資料を見ると、真空管は1日中音楽を聴いても数年使える、と書かれていることが多い。それにしてはちょっと早かった感じ。

ご存じのように最近の真空管は、中国、ロシア他、旧東欧諸国で主に作られている。今回はロシアの「ソブテック」社製を購入。

ご覧のように、箱に書かれたロシア語と共産党のシンボル、鎌とハンマー? が怪しい雰囲気を醸し出している (笑)。

KT-88といっても、なぜか本来の独特の形 (こちら) ではなく、普通の真空管の形 (ST管という) をしている。

[もどる]