×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■さあ組立

いつも思うのだが、普通の人は何か始めると記録を取ろうということに頭が回らなくなるのでは?。今回、パワーアンプはがんばって写真を撮りながら組み立てたけど、プリアンプはすっかり忘れてしまった。というわけで、パワーアンプの組立記をどうぞ。プリアンプはあとで内部の写真でも、、、。


●まずプリント基板の組立。ほとんどの回路部品がここに付くが、プリント基板は量産のための技術なので、作業は簡単。


●基盤の裏には真空管のソケット (取り付け済み) 。この向きでケースに取り付けられることになる。


●フロントパネルの取り付け。ボリュームはケースに取り付ける。スイッチと LED (電源ランプ) をフロントパネルに取り付けた後、ケースにねじ止めする。パネルと同色の六角ボルトを使用し外観も良い。


●リアパネルに入力端子とスピーカ端子を取り付ける。スピーカ端子はスペースの制約からか、ワンタッチ型のため、太めのスピーカコードは接続しにくそう。電源コードは取り付け済み。


●トランスの取り付け。ぐっと重さが増す。ケースや自分の手を傷つけないよう、作業には注意が必要。基盤も取り付けられており、真空管のソケットも見える。


●トランスにはこのようにケースがかぶせられる。部品集めから始める場合は、一つ一つのトランスがきれいなケースに入ったものを購入する場合が多いが高価。


●基盤とその他の部品類を配線する。ワイヤーをの被覆をむくのが一番面倒。この配線は、慣れた人が見れば絶句するような乱雑さ。あらかじめ切ってある付属のワイヤーがかなり長めだったのもあるが、今はもうちょっとましになっている。


●真空管を取り付けて完成 !!。あとはごく簡単な調整のみ。テスターで電圧を測りながらツマミを2箇所回す。

[プリアンプ編へ] 


[真空管アンプ製作記へ]  [Kan ちゃんの宝箱へ]