×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2005年09月18日 先物取引/FX のしくみ その3 (差金決済)

ガソリンの値段はどこまで上がるのでしょうか。マイッちゃいますねぇ。

さて、先物取り引きのしくみ その2 では反対売買により自分の必要以上のガソリンを買うことができました。しかし、話を分かりやすくするため「いつもニコニコ現金払い」にしていたんです。将来の約束をする段階で予め ¥102,000 お金が必要です。

もし、¥102,000 を払うのを今ではなく 3か月後にするとどうなるでしょう。3か月後には (1) ¥102,000 支払う、(2) 売ったお金 ¥118,000 を受け取る、が同時に起こります。
だったら最初から 差額の ¥16,000 受け取る、でも同じですね。これが差金決済です。
図を見てください。説明は図の下に続きます。

これはすごい!!

なぜって...
最初は約束だけだから 1万リットルでもOK!!!
単価が上の図と同じなら受け取る金額 (=儲け) が ¥16万にもなる !!!!
すごいですねぇ。その 1 の説明では 35リットル、その 2 では 1,000リットル、
その 1 から比べると実に 300 倍近い量を買うことができるようになりました。

ちょっと待ってください。そんなおいしい話があるわけがありません。
単価が逆に下がった場合の図を見てください。

逆に ¥16,000 支払っています。
最初は約束だけだからといって 1万リットルの約束してたら!!!
単価が上の図と同じなら支払う金額 (=損失) が ¥16万にもなる !!!!
もし手持ちのお金がなかったら... 差金決済コワ〜。

というわけで約束だけの差金決済はコワ過ぎるので、「証拠金」という仕組み
を取り入れます。3回シリーズのつもりでしたが、これは次回の方が良いでしょう。

[トリビアの水たまりメニューへ] [Kan ちゃんの宝箱トップへ]